「第10期福祉たすけあい基金」助成団体が決定

2019年04月01日

公益財団法人かながわ生き活き市民基金(吉村恭二理事長)は、社会や地域の課題解決や活性化などの活動を推進する団体等とそうした活動を支援したい人々とを繋ぎ、人々の自発的な意思やお金、労力、知恵などの社会的諸資源を活用する事業を行うことで、神奈川の市民活動の社会的基盤の充実を図り地域の公益を支える仕組みを構築して、市民による生き活きとした持続可能で豊かな地域社会の実現に寄与することを目的として2013年04月25日に設立され、2013年7月25日に公益財団法人として発足し活動を行っています。

 

「第10期福祉たすけあい基金」助成団体が決定しました!

県下の市民1万1千人の毎月100円の寄付で非営利の市民活動に助成する「福祉たすけあい基金」(公益財団かながわ生き活き市民基金)第10期の助成先が決定しました。

子育て、障がい者の社会参加、困窮に苦しむ人々など神奈川で起きている課題の解決を志す活動に対し、3,560,832円が助成されました。

19団体からの応募があり、以下の11団体に助成されることが決定しました。

<助成団体>

  • NPO法人GOOD JOB
  • NPO法人のびの会
  • コミュニティカフェ6丁目クラブ
  • NPO法人宮のマエストロ
  • 青空保育ぺんぺんぐさ
  • ちがさき開智舎
  • 相模原誘導グループささの会
  • よこはま子育て拠点支援ネットワーク
  • NPO法人フードバンクよこはま
  • NPO法人南えびなスポーツクラブ
  • NPO法人日本補助犬情報センター