9月19〜23日 勇気の証言ーホロコースト展 アンネフランクと杉原千畝の選択

2019年07月23日

(「勇気の証言ーホロコースト展」実行委員会)

第二次世界大戦終結から70年にあたる2015年「勇気の証言ーホローコスト展 アンネフランクと杉原千畝の選択」を制作し、同年10月より展示会を開催しています。
本展では、ナチス・ドイツによるホロコースト(大量虐殺)の歴史をたどるとともに、その時代を生きた「アンネの日記」の著者アンネ・フランクと、「命のビザ」で多くのユダヤ人を救った日本人外交官・杉原千畝の人生に光を当てています。
ホロコーストは、人類が20世紀に経験した最も悲惨な歴史の一つです。
一方で、世界各地における民族対立、紛争、テロ、さらにヘイトスピーチ等に象徴される、人間が人間を差別し虐げる行為は、今なお続いています。
その意味で、ホロコーストの歴史と、その時代を生きた人びとの真実に迫ることは、あらゆる戦争や差別の根源を見出すことに繋がるのではないでしょうか。
本展が平和と人権を考えるための一助になれば幸いです。

「勇気の証言ーホロコースト展」実行委員会

Download (PDF, 5.74MB)