9月20日 神奈川の防災減災活動を知る報告会シリーズ 日本赤十字社の活動報告会

2019年09月08日

神奈川県では12月3日(火)に、内閣府主催の「三者連携」研修会の開催が予定されています。

これは災害時において防災担当行政、 社会福祉協議会、NPO法人その他の災害ボランティアの三者の情報共有と連携が重要であり、平時においてもその関係性を確保していこうという趣旨で開催される ものです。
NPO法人神奈川災害ボランティアネットワークではこの研修会をオール神奈川で盛り上げていこうと県内のいろいろな団体に参加と協力を呼びかけていくことになりました。

今回、神奈川災害ボランティアネットワークの加盟団体である日本赤十字社神奈川県支部防災ボランティア 推進会議に日本赤十字社の災害時及び平時における防災ボランティアの活動を紹介して頂くことになりました。
日本赤十字社は東日本大震災を始めとする災害被災地で、様々な支援活動を展開しています。

そして平時においては、将来おこりうる災害に対応する力を、社会全体で育んでくため に、防災セミナー、青少年向け防災教育、救急法などの普及、救援物資の備蓄などに取り組んでいます。
それは、大規模な災害の発生後、1週間は自衛隊や警察、消防などの助け「公助」が届かず自宅やオフィス、避難所などで過ごさなくてはいけない可能性があり、その際、自分 のいのちを自分で守る「自助」と家族や地域の人たちと助け合う「公助」が大切になるから です。
日本赤十字社の豊富な活動事例を聞き参考にしたいと思います。
ぜひご参加ください。

 

日時 9月20日(金)午後6時30分~
会場 かながわ県民活動サポートセンター 11階 コラボスタジオ
報告者 日本赤十字社神奈川県支部 防災ボランティア推進会議
事前
申込み
不要・当日受付
参加費 無料
問い合
わせ先
神奈川災害ボランティアネットワーク副理事長 髙坂 徹
電話:090-2729-1246

 

Download (PDF, 137KB)