2021年度 第1回常務理事会 会議録

日時 2021年7月20日(火)14時00分~14時45分
会場 オルタナティブ生活館 オルタリアン 会議室
出席 出席理事 常務理事会定数9名中9名出席
(出席理事)
代表理事会長 當具 伸一 代表理事専務 庭野 文雄
常務理事 上台 晶一  常務理事 澁谷 光広
常務理事 野村 晃一  常務理事 水谷 清一
常務理事 柳下 信宏  常務理事 渡邊 たかし
常務理事 郷野 智砂子
(澁谷光広常務理事、柳下信宏常務理事、郷野智砂子常務理事はテレビ会議によって出席)

13時00分、大内信也統括マネージャーより、本常務会議はテレビ会議システムを用いて開催する旨、澁谷光広常務理事、柳下信宏常務理事、郷野智砂子常務理事はテレビ会議によって出席する旨、当生協のテレビ会議システムは出席者の音声と画像が即時に他の出席者に伝わり、適時適格な意思表明が互いにできる仕組みとなっている旨が説明され、確認された。引き続き出席状況について報告がされた。常務理事会に初めて参加となる澁谷光広常務理事が紹介され、挨拶がされた。上台晶一常務理事を議長に選任した。議長が開会を宣し議事を進行した。當具伸一会長理事より、7月3日(土)の豪雨災害の件に触れた。世界的にも大きな災害が発生しており気候変動の影響ともいわれているが、日頃から自分たちの身を守る行動をしなければならないとともに行政、社協などとの連携を意識してすすめていきたい、と挨拶がされた。

[審議事項]

1.2021年度役員報酬について
大内信也統括マネージャーより提案がされた。提案は全会一致で確認され、第2回理事会の議決事項とすることとした。

[協議事項]

1.神奈川県生協連第70回通常総会開催報告

 庭野文雄専務理事より総会運営について常務理事会メンバーに対してお礼の表明がされ、開催報告の提案がされた。運営について、渡邊たかし常務理事、野村晃一常務理事、上台晶一常務理事、柳下信宏常務理事より感想・意見が出された。庭野文雄専務理事より退任挨拶の時は全員会場にいたほうがよいという意見は次年度に反映したいと回答がされた。総会参加人数の考え方は、各生協から1名としたと回答がされた。

2.2022年度予算に向けた県政要望(一次案)

 庭野文雄専務理事より提案がされた。當具伸一会長理事より給付型を中心とした奨学金制度強化の必要性について、渡邊たかし常務理事より昨年県が出した気候非常事態宣言についても触れたほうが良い、横田明彦常務理事より改めて地震に対する県民への意識付けの重要性について意見が出された。庭野文雄専務理事より引き続き調整していきたいと回答がされた。

3.「ポスト・コロナの市民連帯を展望する研究会」への参加について

 庭野文雄専務理事より提案がされた。研究会の内容について、柳下信宏常務理事より補足説明がされた。當具伸一会長理事より、地域社会に存在する様々な問題に対して色々な中間支援組織がある。まとまる必要はないが、つながりを大切にしたいというイメージなので、研究会メンバーは県生協連だけでなくもう少し広げていきたい、と発言がされた。

 

議長は全体を通して意見を求めたところ、特段の意見はなかった。
以上をもって全議案の審議を終了したので13時45分議長が閉会を宣し会は終了した。

 

上記議事の経過の要領及びその結果を明確にするために本会議事録を作成し、議長が記名押印する。

 

2021年7月20日(火)

神奈川県生活協同組合連合会 2021年度第1回常務理事会 会議録

議長 常務理事 上台 晶一