老化は口から始まります オーラルフレイルハンドブック(神奈川県)

2020年11月27日
お口の健康を保って「未病」を改善し、健康寿命を延ばしましょう!

オーラルフレイルとは

健康と要介護の間には、筋力や心身の活力が低下する「フレイル」と呼ばれる段階があり、その手前で、“オーラルフレイル”(ささいな口の機能の衰え)の症状は現れます。
食事でよく食べこぼすようになった、固いものが噛めなくなり、むせることも増えた。さらに滑舌も悪くなってきた・・・。こうした状態が続くようであれば、それはささいな口の機能の衰え、“オーラルフレイル”の可能性があります。
フレイルから続く要介護状態に陥ることなく、健やかで自立した暮らしを長く保つためには、オーラルフレイルに早く気づき、予防や改善に努力することが重要です。

 

オーラルフレイル対策普及啓発映像

県民のみなさまにオーラルフレイルについて知っていただき、オーラルフレイルに気付くきっかけとしていただけるよう、啓発映像を公開しています。

<オーラルフレイル対策啓発映像フルバージョン>

短縮バージョンの映像もあります。

オーラルフレイルハンドブック(県民向け)ご紹介

「オーラルフレイルってなに?」、「放置しておくとどうなるの?」

そんな疑問は、このハンドブックで解決!未病改善やフレイルをはじめ、神奈川県民のオーラルフレイルの状況や改善プログラムの効果についても分かりやすく解説しています。

Download (PDF, 3.74MB)

 

また、健口体操について詳しくはこちら