福祉事業連絡会 報告

2022年度 第2回福祉事業連絡会報告

日時 2022年9月26日(月)15時00分~16時25分
会場 神奈川県生協連 事務所(オンライン開催)
出席 鈴木忠(座長/ユーコープ)、土方幸恵(福祉クラブ生協)、山口暢(川崎医療生協)、土屋茂樹(医療生協かながわ)、古屋直樹・野村文亮・吉田知未(全国コープ福祉事業連帯機構)、相田祐二(県生協連)
欠席 本井春夫(パルシステム神奈川)、内田明(生活クラブ生協)、矢吹美樹(神奈川高齢者生協)、青栁昌宏(富士フイルム生協)、関聡子(神奈川みなみ医療生協)、斉藤理恵(神奈川北央医療生協)、中村こずえ(日本労働者協同組合)

事務局より出欠報告がされた。初めて参加をされる全国コープ福祉事業連帯機構古屋直樹さんが紹介され挨拶を受けた。その後鈴木忠座長の司会で議事が進行された。

内容

1.確認事項

(1) 2022年度第1回福祉事業連絡会報告

文書報告とした。

 

2.協議事項

(1) オンライン研修について
相田祐二事務局より提案がされた。委員に諮ったところ提案通りにすすめることが承認された。以下のとおり。
① 研修候補先は、新生メディカルまたは特定非営利法人暮らしネット・えん

② 開催日は11月24日(木)13:30~15:00、11月14日(月)午前または午後、11月16日(水)午前または午後を候補日として視察先と調整。

③ オンライン参加対象は、連絡会委員とするが研修内容によっては委員の判断で対象を増やすことを可能とする。

 

(2) 2023年福祉セミナーについて

相田祐二事務局より提案がされた。委員に諮ったところ鈴木忠座長より、講義の前に「全国コープ福祉事業連帯機構」の紹介も入れてほしいと提案がされた。

以下の内容ですすめることが確認された。

① 開催日は2023年2月18日(土)または2月25日(土)で講師の都合で決める。

② 開催方法はzoomウェビナー。連絡会委員は可能な限り会場(県生協連事務所)に参加をして講師と顔が見える状態とする。

③ 講師は全国コープ福祉事業連帯機構常務理事の山際淳さんに登壇を打診する。

④ タイトル(案)は2023年介護報酬改定のポイント~生協らしく取り組むために大切にしたいことは~

野村文亮さんに山際常務理事の都合を確認いただいた上で相田祐二事務局より相談することが確認された。
鈴木忠座長より、司会等役割分担決めは次回確認したいと発言がされた。

 

3.日本生協連報告

(1) 厚労省審議会の状況

(2) 介護事業の発展をめざす生協合同研修会のご案内

(3) 全国コープ福祉事業連帯機構 NEWS LETTER vol.1、vol.2

全国コープ福祉事業連帯機構吉田さんより報告がされた。委員参加している鈴木忠座長より補足説明がされた。

 

4.会員生協交流

土屋茂樹委員、山口暢委員、鈴木忠座長より報告がされ、意見交換がされた。福祉クラブ生協、パルシステム神奈川の報告資料は文書報告とした。

 

次回:2022年度第3回福祉事業連絡会

11月24日(木)15時~17時

オンライン又は県生協連事務所