組合員活動委員会 報告

2020年度第3回 組合員活動委員会

日時 2020年10月16日(金) 10時00分~11時50分
会場 神奈川県生協連 会議室
出席  実出席8名、リモート出席9名
◎郷野智砂子(委員長–ユーコープ)、〇元木朱美(副委員長–パルシステム神奈川)、〇桜井薫(副委員長–生活クラブ生協)、今井里香(ユーコープ)、嘉部光代(うらがCO-OP)、清水愛(パルシステム神奈川)、永嶋紀子(ナチュラルコープ・ヨコハマ)、山下美樹(福祉クラブ生協)、井守哲也(全日本海員生協)、香川享子(富士フイルム生協)、鷲北栄治(川崎医療生協)、髙橋洋子(神奈川みなみ医療生協)、並木智子(日本生協連中央地連)、庭野文雄・相田祐二・石田昌美(神奈川県生協連)
欠席 〇浜田国栄(副委員長–医療生協かながわ)、小田川弘子(神奈川北央医療生協)、尾添良師・鳴海美和子(日本労働者協同組合連合会センター事業団神奈川事業本部)、加藤慎吾・大木由美子(やまゆり生協)

司会:元木朱美副委員長(パルシステム神奈川)

相田祐二事務局長より本日の出欠席者の報告がされました。元木朱美副委員長より本日の災害に関する学習会を受けるにあたり、地域で避難所運営ゲームに参加してのお話しがされました。避難所運営ゲームでは、時間とともに次々と課題が現れてくる。例えば避難所でアレルギーが発生したりインフルエンザに罹患したり、外国人の方が避難されてきたり...。新たな課題を一つひとつクリアしていくゲームなのでリアルに疑似体験ができてとても勉強になった。また、被災した場合は行政の職員も被災者だが、人の足りない中で私たちが一緒にできることはないのか、コロナ感染症等避難所での感染対策はどのようにすればよいのか考える機会になった。今日の学習会を通じて災害時の心得を学び、学んだことをぜひ広げていきたい、と挨拶がされました。

1.学習

「災害に備えて ~地域環境の理解と備え~」

認定NPO法人かながわ311ネットワーク 代表理事 伊藤朋子さん

郷野智砂子委員長、嘉部光代委員、桜井薫副委員長より質問が出され、伊藤朋子さんより回答がされました。

2.確認

(1) 2020年度第1回組合員活動委員会報告
文書報告としました。

3.協議事項

(1) 神奈川県生協連2020年度上期活動報告と下期の主な課題(案)

(2) 神奈川まるごと健康づくり

(1)は庭野文雄専務理事より、(2)は石田昌美統括マネージャーより提案がされました。

4.県連からの報告

(1) 2020年度生協大会関連

(2) 大規模災害関連

(3) 平和を願う取り組み

(4) 生協運営協議会

(1)~(4)について、相田祐二事務局長より報告がされました。

5.日本生協連報告

日本生協連中央地連 並木智子さんより、以下の報告がされました。

(1) 【「ウィズコロナ×活動再開」事例を紹介します★vol.7、★vol.8】

(2) 「zoomでのオンライン企画」入門講座

(3) 2020年度商品活動交流会のご案内

(4) ヒバクシャ国際署名の集約数のお知らせ

(5) ユニセフハンド・イン・ハンド募金ボランティア募集開始のご案内

(6) コロナ禍と生協「生協らしいつながり方」の模索

(7) 災害復興支援&防災減災ニュース

(8) くらし・地域復興応援募金 被災地応援ニュース

(9) JVOAD勉強会「コロナ禍での避難の現状と課題」

(10) 安心なネットショッピングに向けて~デジタル・プラットフォームにおける課題~

6.その他

相田祐二事務局長より神奈川県消団連公開講座「横浜カジノ問題の現在!」についてお知らせがありました。

 

次回:2020年11月20日(金)10時~12時  (神奈川県生協連事務所)

司会:郷野智砂子委員長(ユーコープ)