2021年7月 定例幹事会報告

日時 2021年7月8日(木)13時~15時00分
会場 新横浜ステーションビル 9階 神奈川県生協連会議室
出席 海老澤克枝(鎌倉消費者連絡会)、野元摩里(新日本婦人の会神奈川県本部)、清水眞利(神奈川県母親連絡会)、清水百合子(横浜市消費者団体連絡会)、庭野文雄・栗島亮一(事務局)
リモート出席 家子寿(神奈川県建設労働組合連合会)、和久晴雄・大森規男(神奈川公団住宅自治会協議会)、荒川美作保・渡邊敬弓(神奈川県生活協同組合連合会)、有田芳子・柿本章子・山崎初美(コンシューマーズかながわ)
欠席 三井敦子・伊藤淑子(神奈川県建設労働組合連合会)、齋藤静子(環境保全型農業を推進するネットワーク)、照井携子(神奈川県母親連絡会)、松﨑嘉子・多賀谷登志子(横浜市消費者団体連絡会)、木村郁子(さがみはら消費者の会)

□司会:清水 眞利さんの司会により進行した。

1.学習会

(1)テーマ:「保険でより良い歯科医療を」

講師 二村 哲 様(神奈川県保健医協会理事)

学習会では講師からおおよそ以下の内容で報告されました。

  • 歯科技工士のなり手がいなく、専門学校も定員割れを起こしている現状がある。
  • 貴金属の相場が上がっていることで治療に使う金属の価格が診療報酬に追い付かず歯科医の持ち出しになってしまっている。
  • コロナ禍で歯科医療に関するアンケート調査の結果を報告として、受診をひかえたことで症状が悪化してしまっている人が増えている現状について報告がされた。
  • コロナ禍で歯科医療について不安に思っている人が87%もいることが受診を控えるようになった原因の一つと考えられる。
  • 予防医療の保険適用など保険でより良い歯科医療を受けられるように署名を行っていることの報告があり協力の要請があった。

 

2. 2021年7月幹事会報告

(1)文書報告としました。

 

3.協議事項

(1)組織運営について

①幹事名簿の変更について事務局栗島より報告があり、荒川美作保さん(パルシステムかながわ)・渡邊敬弓さん(ユーコープ)・大森規男さん(神奈川県公団住宅自治協)が所属組織の役員変更に伴い新たに幹事になったことが確認されました。

(2)LPガス調査の今後の対応について庭野事務局長より報告があり、今後神奈川県消費者の会連絡会とも協議し、今回の報告書をまとめること、さらにLPガス協会に調査報告を兼ねて懇談を申し込むなど調査結果をお知らせする取り組みを進めることが確認されました。「プレスリリースをしたらどうか」との意見が出され対応することとした。

(3)全国消費者大会実行委員会への委員選出について庭野事務局長より提案があり、今年も全国消費者大会実行委員会へは庭野事務局長が委員として参加することが確認されました。

(4)神奈川県遺伝子組み換え作物交雑等防止条例の見直しに係る意見聴取について、清水百合子幹事を派遣することが報告され確認されました。

(5)9月幹事会の学習会テーマについて

9月の学習会は、「遺伝子組み換え・ゲノム食品」をテーマとしての県の考え方と清水幹事からコメントをいただくこととしました。消費者行政調査は次回以降で開催を検討します。

 

4.報告事項について

(1)全国消団連の資料について庭野事務局長より報告されました。

①消費者政策に関する課題について

②環境・エネルギーに関する課題について

③食に関する課題について

(2)アルプス処理水海洋放出に関する署名運動への参加のお願いが庭野事務局長よりありました。

 

5.資料

(1)4都県生協連共催のジェンダー学習会のお知らせが庭野事務局長よりありました。

 

次回:神奈川県消費者団体連絡会 全体会2021年9月9日(木)13時~15時

司会:斎藤 靜子さん 会場:神奈川県生協連 会議室(実参加+リモート参加)